ウィンドウが下がらない(?)

出典: MeganeWiki

バッテリーを外した後、窓が下がらない

オートでウィンドウを全開にしようとして途中で止まったこと(5cmくらい開いて止まったこと)、ありますか? バッテリーをはずした覚えはありますか?


以下、nojeeさんのblogからの転載です。

メガーヌがCHECK INJECTIONで修理から帰ってきた翌日の出勤時、リアのパワーウィンドウを開けようとしたら、あれっ?、あれっ?である。メガーヌはすべてのウィンドウがオートで全開になるのだが、スイッチを押しても5cm下がって止まる、また押しても5cm下がって止まる。マジかよぉ~、勘弁してよぉ~である。で、ディーラーに電話して、気持ちを抑えて店長さんに「また壊れちゃいましたよ」って症状を話す。即帰ってきた返事は「バッテリーを外すと信号が残って、動作不良を起こすのでリセットするのですが、いますぐにメカニックを行かせます」とのこと、正直そんなに慌てなくてもと思ったが、その対応はうれしい。電話を切って、そうそう後部座席に荷物が載ってたからトランクに入れないとと駐車場に行き、念のためにもう一度やってみたら、ちゃんと下がる。どういうこと?と思いつつ、「ごめんなさい。直りました」と急いで電話した。で、マニュアルにもこの件には触れられていた。もし、ディーラー以外でバッテリーを交換したら、同じ症状が出るので、必ず下記の対処をしてみた方が良い。僕みたいな恥ずかしい思いをしないように。


  • ワンタッチ式パワーウィンドウーの作動不良
    (メガーヌ取扱説明書 3.15ページより)
    いずれかのウィンドーが動作しなくなった場合は、ワンタッチモードではなくなります。該当するウィンドースイッチを、ウィンドーが完全に閉まるまで繰り返し押してください。ウィンドーが完全に閉まった後も、1秒間スイッチを押し続けると(必ず「閉」側に押すこと)、システムはリセットされます。


関連情報
メガニストジャポン
}