エアロツインマルチ

出典: MeganeWiki

グニャグニャワイパーと言われているワイパーがBOSCHからアフターマーケット用に登場しました


エアロツインマルチについて言及しているページはこちら


画像:Sada_Aerowinmulti.JPG メガーヌファミリではグランセニックに装備されて初登場した通称グニャグニャワイパーエアロツインワイパーが、アフターマーケット用にエアロツインマルチと言う名称で登場しました。

目次

特徴

  • ラバー部分だけのリフィルが可能なこと
  • 従来のUフックジョイントに装着可能であり、アームを交換しなくても装着可能であること。

同様の製品が、BOSCH、VALEO、PIAAから登場しています。

メーカー製品名リフィルアーム交換
BOSCHエアロツインマルチ可能不要
VALEOSILENCIO X-TRM不可不要
PIAATreBasso(トレバッソ)可能不要

MEGANEⅡへの適合

BOSCHの適合表にはMEGANEⅡは載っていません。(2009年6月16日現在)

長さから選択すると

型番タイプ長さ税込単価
運転席側AM60AA600mm2,970円(+送料:税込630円(京葉部品株式会社))
AM60BB600mm2,970円(+送料:税込630円(京葉部品株式会社))
助手席側AM45BB450mm2,363円(+送料:税込630円(京葉部品株式会社))

上記長さはオリジナルと同じ長さです。 タイプの記号の最後のA,Bは、ガラスの曲率への適合を示し、Aの方がよりフラットなガラスに適合するようです。 実際に装着した方の経験では、Aタイプでは下の写真の様に運転席側に拭き残しが出るようですが、後から発売されたBタイプでは拭き残しは無いようです。


関連記事

装着事例

MEGANEⅡhatchの場合標準のワイパーはこんな状態です。

BOSCHエアロツインマルチを装着するとこんな風になります。

助手席左下(個人差有)、運転席右上に若干拭き残しが出るようです。

エアロツインとの比較

ph2にはエアロツインが標準装着されました。

形状を比較してみると、エアロツインの方が断面が低くフレキシブルになっているようです。

メガニストジャポン
}