スモークフィルム・ウィンドウフィルム

出典: MeganeWiki

ガラスサンルーフを付けたので、夏場に室内が暑くならないようにスモークフィルムを貼った。フィルムはアイケーシールミクールSD 、色は濃いめのダルスモーク(NS-15HC) 。外観も締まった印象になる。ふと思うのだが、国産車より外車の方がスモークフィルムを貼ってある率が少ないような気がするのは気のせい?まっ、人それぞれですが。

画像:Nojee-040602b.jpg

納車前にディーラーに行ったとき、たまたまフィルムを貼っているところだったので、業者の人と話ができた。「この車のリアガラスはすごく湾曲してるので、貼るのが大変でしたよ!」とのこと。確かに、上から見ると湾曲してるのが良く分かる。なお、サンルーフは最初からスモークになってる。

  • 可視光線透過率: 13%(太陽光線中の明るさがどのくらい室内に入り込むかと言う事です。数値が大きい程、色の薄いフィルム。)
  • 紫外線透過率: 1%(太陽光線中のお肌や内装材を日やけさせる部分が紫外線UVで数値が小さい程、UVカット効果があるということ。)
  • 赤外線透過率: 82%(太陽光線中の熱を感じる部分が赤外線で、数値が小さい程、熱をカットする。)
  • 遮蔽係数: 0.72(3mmフロートガラスを1.00として、太陽光線の流入熱量を表す数値。)
  • 特徴: メーカーによれば「人気No.1の商品。濃いフィルムとしては、このタイプが良く使われます。」とのこと。

関連リンク

メガニストジャポン
}