タッチデザイン

出典: MeganeWiki

タッチデザイン


タッチデザインについて言及しているページはこちら


タッチに優しい素材を使い、デザインが人を誘い、触った途端にそのメカニズムが正確にわかる

というコンセプトに基づくインテリアデザイン。

2001年に発表されたコンセプトカー「タリスマン」に採用されて提唱された。

量産車ではMEGANEⅡで初めて採用され、その後発表されるルノー車に共通したインテリアデザインの基本になっている。具体的には、

  • 自然と手や指にフィットする形状のアビエーションタイプの駐車ブレーキレバー
  • 操作ボタンの表面が膨らんでいたら温度アップ、へこんでいたら温度ダウンというように直感的に扱えるように設計されたエアコン

等々

メガニストジャポン
}