ターボ

出典: MeganeWiki

ターボ


ターボについて言及しているページはこちら


ターボチャージャーの略称

排気ガスの持っているエネルギー(圧力・熱)を利用してタービンを回し、これと同軸で繋がっているコンプレッサーを回すことで吸入空気を圧縮して、自然に吸気するより多量の空気をエンジンに送り込む装置。

ガソリンエンジンは常に空気と燃料の混合割合を一定で使用するため、沢山の空気を送り込めば沢山の燃料を噴射することが出来、これによってハイパワーを得ることができる。

排気ガスの持つエネルギーを利用するため、そのエネルギーの高い状態のとき(エンジンの負荷が高いときやエンジンの回転数が高いとき)にパワーの増す度合いが大きくなる。 エンジン回転が低い領域でも加給が可能な機械式の加給(スーパーチャージャー)と比べるとこのことが弱点と言われている。

この弱点を少しでも補うために、ウエストゲートセラミックタービンボールベアリングターボVNT等の工夫が加えられることが多い。

日本で発売されているメガーヌファミリーの中では、メガーヌRSに装着されている。 メガーヌRSのターボチャージャーはツインスクロールターボチャージャーと呼ばれるターボで、機械式の加給に対する弱点を補うため、排気ガスのエネルギーをより有効に利用しようとする工夫が加えられている。

メガニストジャポン
}