ダブルコーンシンクロ

出典: MeganeWiki

ダブルコーンシンクロ


ダブルコーンシンクロについて言及しているページはこちら


シンクロ機構とは,手動変速機で変速操作を行った際に生じる歯車間の速度差をなくし、変速操作をスムーズに行うための機構。

速度の異なる歯車同士を噛み合わせる前に、その歯車と繋がっているコーンを押しつけて速度を同期させてから繋ぐようにしたもの。

ダブルコーン・シンクロ機構は,同じシンクロ機構の中でもコーンを2個にして摩擦面積を増やすことにより,速度差が大きくてもより短時間で同期できるようにしたもの。

2速や3速の低速段は、4速、5速に比べると、エンジン回転が上がっていることが多く、シンクロメッシュにかかる負担が大きくなります。
そこで、この低速段にだけより強力なシンクロ機構を組み込む場合があります。

MEGANEⅡ2.0やRSに用いられている6速ミッションND0には1、2速にこのダブルコーンシンクロが採用されています。

メガニストジャポン
}