ドアミラーの分解

出典: MeganeWiki

ミラーが破損したり外れたりして、ドアミラーをDIYで修理しようという方が少なからずいらっしゃいます。そこで、ドアミラーの分解方法をご紹介します


この分解方法は、Meganisteの風の谷さんが実際に行って紹介してくださったものです。 風の谷さん、いつもありがとう御座います。






ミラーの周囲にある隙間にマイナスドライバー状の物を突っ込んで(もちろん、傷つけたりしないように保護するための布等を当てて)ミラーを前にこじり出すようにします。

すると、パチッという感じで何かが外れた感触があります。これを周囲、数カ所で繰り返します。

ミラーは矢印の部分の突起で本体にはまり込んで固定されているだけです。

こじり出す時に、ミラーの電動調整メカが動いてしまうので、あらかじめミラーを一番内向きにしておくと良いのかもしれません。

ミラーにはヒーターが付いているので、これのコネクタも抜き取ります。

ミラーを外すと、電動調整のメカ(モーター)が丸見えになります。

ミラーはこの中央の輪にパッチンと留まっているだけです。

次に、前側のカバー(ボディー色塗装)を外します。このカバーも矢印の4つの爪でパッチンと留まっているだけですが、これがなかなか外し難く、矢印部分を細いマイナスドライバーで右方向に押しながら(この部分に固定爪があります)残った部分を別のマイナスドライバー等で奥に押すようにすると外れてくれました

但し、この4つの爪を外しても、カバーはドアミラーの根元を巻き込む形状をしているので、ドアミラーを閉じた状態でないと外せません(電動ではなく手で押せば閉じられます)。

次に、裏に見えるトルクスネジ2本(太さと長さが違うので、組戻す時要注意)を外し、配線もガイドから外して、本体を上に抜き取ります。

(写真はトルクスネジ抜き取り済み)

やっと、ドアミラー本体が外れ、電動格納ユニットが見えるようになりました。

組立は、逆順で、トルクスネジ2本以外は工具も不要で、パチンパチンとはめ込んでゆくだけの超簡単です。















出典

風の谷便り ドアミラーを分解してみました。

Meganiste BBS ドアミラー外し方ご存知の方いますか?

メガニストジャポン
}