プロアクティブ4速AT

出典: MeganeWiki

欧州では日本のように主流ではないATですが、その使い勝手は?

雑誌やWeb上で公開されているいろんな試乗記で、メガーヌのATは違和感がある、と言われています。実際のところ、ユーザさんはどう感じているんでしょうか。ほとんどATで走る方、マニュアルモードを駆使される方、いろいろいらっしゃるようです。





MEGANISTE BBS でのコメントを転載します。

  • ubarさんのコメント

まだ納車待ちですが(あと2ヶ月くらいかな?)、先日、miyaさん、nojeeさんのメガーヌを運転させていただきました。個人的にはメガーヌのATはダイレクトにつながっている感じがして好きです。日本車のように滑らか、ショックなし、というわけではありませんが、私はトルコンのずるずる滑る感じがあまり好きではありません。シフトショックも気にしなければ気にならないレベルじゃないかと思います。

  • 土方@めがきゅ~さんのコメント

最初乗り換えた時にはATが日本車と異なる事にびっくりしました。ディーラーサイドから「ゆっくりスタートしてください」と言われました。エンジンが温まる前の急発進などはATとかに負担がかかるからでしょうか。シフト操作もゆっくりです。日本車のようにがちゃがちゃ動かすと壊れてしまいそうです。しかし、ATのシフトアップ(ダウン)は慣れると面白く国産車にはないなぁ、と感じます。特に山道走行には国産車とは異なります。断然メガーヌの方が面白い!。高速降りて山道に入っていくと、楽しくて(笑)。

  • えんどうさんのコメント

ATについては、そもそもATなんか売れない国のモノですし、 交通事情も違う国のモノですからねえ。 それは決して「フランス車の味」ではなく「その程度のモノ」なのではないかと。 僕としてはATについては「とりあえず前に進めばイイヤ」程度で(それよか壊れないことを祈り続ける毎日。。)、「早くメガーヌが欲しい!」かったので今のメガーヌを買ったワケで。。。 したがって個人的には「(日本人の感覚的に)ATの優れた車」を車選びの重要項目として掲げる方には「メガーヌお勧めです」とは決して言えず、ムリにそれが「フランス車の味」だとか言うつもりもありませんし。 きっぱりと「ATは良いもんじゃあ無いよ」と言ってしまいます。

メガニストジャポン
}