ボンネット先端の隙間埋め

出典: MeganeWiki

ボンネット先端の隙間が大きくないですか? 隙間用テープを使ってこの隙間を埋めてみました

ボンネット先端の隙間

  • Meganeのボンネット先端は写真のように大きく隙間が開いています。部分的には合い目の曲率もずれています。
  • 隙間の大きさを測定してみると、何と8.5mm以上も有る場合があります。


  • この隙間が大きいと、
    • 洗車のときココから水がエンジンルームに流れ込んで、ラジエター上部の樹脂の上に水溜りが出来る。
    • 空気が剥離する部分で、フロントグリルから導入したエアの一部を吸い出してしまい、ラジエターが効率的に働かない?
    • ボンネット先端にダストが衝突してこの部分の塗装を傷める
    等の実害や懸念があります。

隙間用テープの貼り付け

  • 使用した隙間テープ
    使用した隙間テープは写真のもので
    セメダイン株式会社「防水すきま用テープ」
    厚さ:8mm 幅:12mm 長さ:2m (実際に使用したのは1220mm)
    製品の説明には、水・風・ほこりなどを通さない、耐久性・対候性・耐薬品性に優れるとあります。
    黒、灰、白の3色が選べます。


  • この他
    住友スリーエム(Scotch)「屋外用すき間ふさぎ防水テープ」
    厚さ:9mm 幅:15mm 長さ:2m 
    素材:ネオプレンフォーム
    製品の説明には、耐久性が有り、雨、雪に強い。スポンジのようにボロボロになりません。とあります。
    黒のみです。


セメダイン株式会社「防水すきま用テープ」と住友スリーエム(Scotch)「屋外用すき間ふさぎ防水テープ」を比較すると、後者の方が発泡の密度が高く相対的に固いようです。



  • 隙間テープを貼った場所


見栄え

ボンネットを閉めた状態では写真のようにきれいに隙間が埋まりました。

写真が小さいので、各写真をクリックして拡大してご覧下さい。

メガニストジャポン
}