リコールおよびサービスキャンペーン

出典: MeganeWiki

メガーヌ2のリコールおよびサービスキャンペーン


リコールです。

リコール 外-1254 メガーヌ、メガーヌTW2005/10/14
前輪制動装置において、ブレーキディスクの直径が小さいものを誤って組み付けたため、制動の際、ブレーキパッドの一部がブレーキディスクの外周面より外れて作動するものがあり、制動力が不足するおそれがある。
リコール 外 -1324 メガーヌ、メガーヌTW2006/07/27
制動装置において、衝突時の過大な衝撃を受けた際に作動し、ブレーキペダルと下肢の間に余裕を確保する折れ込み機構のロックが取り付いていないものがあるため、ブレーキペダルが正規位置より下方にある状態となり、ブレーキペダルを踏んでも適正な制動効果が得られなくなるおそれがある。


サービスキャンペーンです。

フロントパワーウインドウのコントロールケーブルスリーブ メガーヌ、メガーヌTW2005/10/14
フロントパワーウインドウのコントロールケーブルスリーブの取り廻しが不適切なため、コントロールケーブル作動時に当該スリーブがケーブルと共に動き、ドアガラスと干渉し途中で停止することがある。
ギアシフト機構の組立に不適切なものがある GC2006/10/31
ギアシフトレバーを「パーキング」からシフトする際、ブレーキペダルを踏む事によりシフトロックが解除されるが、ギアシフト機構の組立に不適切なものがあるため、当該ロックが作動せず、パーキング位置からギアシフトレバーが、そのまま動いてしまうおそれがある。
フロントガラスの樹脂製クリップの取り付けが不適切 GC2006/10/31
フロントガラスのピラーモールの固定に使用している樹脂製クリップの取り付けが不適切なため、高速道路走行の風圧や、その他の影響で当該ピラーモールに応力がかかり、最悪の場合、当該ピラーモールが外れてしまうことがある。



関連情報
メガニストジャポン
}