ルノー推奨定期交換部品項目

出典: MeganeWiki

ルノーノート(整備手帳)からルノー推奨定期交換部品項目について抜粋しました。

ルノー推奨定期交換部品項目に付いて

下記の定期交換部品は、定期点検整備とは別にルノー社が推奨している部品および油脂類です。

33~37ページの定期点検整備項目に加え、これらの交換も実施してください。下記交換時期は、日本における使用条件を加味してルノー社が定めたものだそうです。


エンジンオイル1年または1万キロ毎
エンジンオイルフィルター1年または1万キロ毎
燃料フィルター3万キロ毎
エアクリーナーエレメント2万キロ毎
ブレーキ液3年または6万キロ毎
タイミングベルト5年または6万キロ毎
点火プラグ3万キロ毎
クーラント3年または6万キロ毎
リモートコントロールキーの内蔵電池2年毎
粉塵フィルター1年または1万キロ毎

BBSでタイミングベルトの交換時期について 大論争(?)が巻き起こりました。国産車と比べて期間が短い、余裕のマージンをとっているから、日本の気候条件が厳しいのかも、などの意見が寄せられました。

タイミングベルトだけでなく、メンテナンスインターバルの比較(欧州vs日本)にあるように、大半のメンテナンスインターバルが欧州に較べて縮められています。

ところが、途中からハード的な変更は全く無いのに、インターバルが少し延長(ものによっては短縮)された様です。 新しい整備手帳での推奨。(by kureakiさん。2007年5月)

画像:Miya MEGANE-seibi.jpg



関連情報
  整備手帳の版によって交換時期が見直されているようです。
メガニストジャポン
}