ワイパーゴム・ブレードの交換

出典: MeganeWiki

ワイパーゴムの交換


ワイパーゴムを自分で取り替えようと思っている方がいらっしゃるかと思います。メガーヌのワイパーに使われている純正のワイパーゴムは幅が約7mmと、一般に市販されている6mm幅や8mm幅のものと違っています。

ワイパーブレードごと交換し、次回からゴムだけ交換すると言う方法も取れますね。



実際にワイパーゴムを交換されたAKさんの記事 によると、 「8mm幅だと、450mm(助手席用)が無くて、600mm(運転席用)は有る。逆に6mm幅だと、450mmは有るけど、600mmが無い。しかもメガーヌのゴムを見ると、6mm以上、8mm未満に見える」そうです。なんとも微妙…(--;


白猫さんのコメント によると、 「運転席側は8ミリ幅のをつけてます。 純正よりちょいと幅広ですが問題ありません。 助手席側、およびリアは6ミリ幅のをつけてます。 助手席側は自作のスペーサーをガイドレールにつけて対応」されているそうです。


ワイパーブレードごと交換するのであれば、次のようなものが使えるそうです。

なお、型番は運転席:SSC60FB(ウィング付き)で助手席:SSC45。

この他、G-セニックに標準で装着されている通称グニャグニャワイパーに交換する方法もあります。


関連情報

リヤワイパーのゴムを交換するのはけっこう大変なようです…。

  • 皆さんの体験を纏めると、
Hatchの場合、以下のようにすると良いようです。

オリジナル交換用
長さ芯金幅×長さ芯金
運転席側600mm7mm7mm幅用2本8mm
600mmの市販品
7mm幅用2本
オリジナル用を使用し
8mm品付属の芯金は使用しない
(アームの幅に収まらない)
助手席側450mm7mm7mm幅用2本8mm
600mmの市販品
からカット
7mm幅用2本
オリジナル用を使用し
8mm品付属の芯金は使用しない
(アームの幅に収まらない)
リヤ230mm
WGNは260mm
6mm内蔵1本6mm
長い市販品
からカット
位置決めの溝は不要
6mm幅用2本
6mm品付属の芯金を
カットして使用

交換用に6mm幅を使用すると、装着は容易ですが、ガタがあるために作動の折り返し時に音が出るようです。8mm幅を使用したほうが取り付けがタイトになり、音が低減した事例があります。

--Sada 2007年2月16日 (金) 16:11 (JST)

メガニストジャポン
}