光軸可変キセノンヘッドランプ

出典: MeganeWiki

光軸可変キセノンヘッドランプ


光軸可変キセノンヘッドランプについて言及しているページはこちら


キセノンランプ

フィラメントを持たず、水晶バルブ中に封じ込めたキセノンガスの中での放電によって光源を得る。
アーク放電によるため、点灯時20,000Vのパルス電圧、保持時85Vの電圧が必要で専用のモジュールを有する必要がある。
ハロゲンライトとほぼ同量の電力消費で倍の明るさを持ち、フィラメントを持たないために寿命が非常に長い、色温度が自然光とほぼ同じために、照射された物体が自然の色で認識しやすい等の長所を持つ。

ルノーのウエブサイトにあるキセノンライトの説明

光軸可変

この機能は車両停止時に積載条件に対応して光軸を自動調整すると同時に、加速時やブレーキング時の姿勢変化にも対応する。
  • 30km/h以下 : 光軸は下向き、ビームの可到距離は55m
  • 30km/h以上 : ビームはノーマルポジション、可到距離71m
サスペンションに備え付けられたストロークセンサーでサスペンションストロークを検出し、その結果から姿勢変化を計算して反射鏡の位置を調整して照射方向を可変にしている。
メガニストジャポン
}