慣らし運転

出典: MeganeWiki

長く、大事に乗り、ずっと本来の性能を発揮してもらうために、慣らし運転が大切です

メガーヌの慣らし運転について。 メガーヌの取扱説明書、第2章「運転操作」、第1節「慣らし運転(ガゾリン車)」には以下のように書かれています。

  • 最初の1,000kmを走行するまでは、いちばん高いギアポジションで使用したときでも、130km/h以上の速度で走行しないようにしてください。また、エンジン回転数についても3,000~3,500回転を超えてご使用にならないようにお願いします。
  • 1,000kmを超えた時点からは特に慎重になる必要はありませんが、車が本来の性能を発揮できるようになるのは、走行距離が3,000kmを過ぎてからであることをご承知おきください。


「走行距離が3,000kmを過ぎてから」が本領発揮だそうです。おそらく、ほとんどの試乗車は本来の性能を発揮してないんでしょうね(^^;

このような大切なことが書いてありますので、取扱説明書はぜひ読みましょう。


慣らし運転について書かれた記事はこちら。

メガニストジャポン
}