油圧ラッシュアジャスター

出典: MeganeWiki

油圧ラッシュアジャスター


油圧ラッシュアジャスターについて言及しているページはこちら


動弁機構の構成部品(カム、カムフォロワ、(プッシュロッド)、(ロッカーアーム)、バルブ等)の間には、各部の熱膨張の地外による隙間の変化を吸収するために予め隙間を持っている。これをバルブラッシュ(バルブクリアランス)と称する。

バルブラッシュは長い期間のうちには磨耗等によって変化し、拡大すれば騒音の原因になったり、過度に縮小すれば出力低下や排出ガス不良を招く恐れがある。

この隙間を潤滑油で満たされたシリンダーで埋めることで、バルブラッシュを自動調整してしまおうとする仕組みである。

メガニストジャポン
}