走行性能線図 2.0MT,1.6MT,2.0AT

出典: MeganeWiki

メガーヌの走行性能線図の読み方

sadaさんにグラフを作って頂きました。

↑画像をクリックすると実際のサイズで表示されます
拡大
↑画像をクリックすると実際のサイズで表示されます

このグラフはメガーヌ2.0MTの走行性能線図です。

車両走行性能線図には、以下の4つがひとつのグラフに表されています。

  • 走行中の車にかかる抵抗 : 走行抵抗(Road Resistance)
  • タイヤから地面を蹴って車を進ませようとする力 :駆動力(Traction)
  • 車の速度(Vehicle Speed)
  • エンジン回転(Engine Speed)


走行抵抗(Road Resistance)

道路の勾配が大きい程大きいですから、勾配の大きさ毎に0%から5%刻みで示してあります。同じ勾配(例えば0%)で見ると、速度が上がる程抵抗が大きいことが判ります。

駆動力 (Traction)

エンジンのトルクをトランスミッションで減速してタイヤに伝え、コレが地面を蹴る力のことです。変速機の減速比が大きい程(低速段)、駆動力は大きいですが、車速は出ません。例えばMEGANEの場合、1stでは700?800kg位の駆動力が出ますが、速度は最高50km/h位しか出ません。


ココから何が判るかと言いますと、6thの駆動力と0%の走行抵抗の交点を見て下さい。駆動力走行抵抗が同じ点ということになりますが、このときの速度はほぼ200km/h。すなわちこの車の最高速度は200km/hということです。

5%の登り坂を走るときは、6thでは速度は150km/h強、エンジン回転は4200rpm位で、これ以上は走行抵抗の方が駆動力を上回ってしまうので、出せません。でも、5thでは170km/h弱、エンジン回転は5500rpm位まで出せるということになります。

低速ギヤの方を見ると、1stではエンジン回転を2000rpm以上回していれば50%の坂が登れるということが判ります。それは1stの駆動力が50%の勾配の走行抵抗を上回っているからです。

又6thで100km/hで走行中は 走行抵抗約60kg、出せる最大の駆動力は約180kg、従って持てる力の約1/3、エンジン回転は2800rpm弱で走っているということが判ります。


2.0AT、1.6MTについても走行性能線図を見てみましょう。

↑画像をクリックすると実際のサイズで表示されます
拡大
↑画像をクリックすると実際のサイズで表示されます


トルコンの特性が不明のため、低速の部分は想像で作ってあります。



↑画像をクリックすると実際のサイズで表示されます
拡大
↑画像をクリックすると実際のサイズで表示されます
  • sadaさんのBBSへの書込み

よく、トルクカーブを見て、このエンジンは低速トルクが有るとか無いとか言います。でも本当は、大型トラックとか、レーシングカーに使うエンジンでないと、トルクカーブを見ての判断は出来ないんです。あのカーブはアクセル全開の場合のみですから。

車の加速力についてですが、駆動力走行抵抗がバランスしている時が一定速状態です。例えば、乗用車が80km/h一定速で平坦路走行中は、空力性能や、減速比等々にも拠りますが、概略

走行抵抗       100kg位、
エンジン回転     2200rpm付近
トルク        75Nm位
出力         17.3kw位で走っている事になります。

トルクも、回転数もトルクカーブからは大きくかけ離れて(余裕がある)います。ココからアクセルを踏むと、踏み代に応じて駆動力(トルク×減速比)が増加し、駆動力走行抵抗の差分(余剰駆動力)が車を加速します。

全開の時は、余剰駆動力は走行抵抗と全開駆動力の差ですが、これは、トラックやレーシングカー、ジャーナリストの峠のインプレッションの様に殆ど全開で運転する場合の事、乗用車を一般道で運転する場合はあまり無い事です。

通常走行の中で走り易いか否かは、アクセルの踏み代に対してどのように余剰トルクを出させるか?いわば、スロットルマッピングの仕方次第ということになります。ドライバーに粘りを感じさせたいなら、登り坂等で走行抵抗が増加して回転が下がった時、多く踏み込まなくても多めに余剰トルクが出るようにマッピングすればいいんです。過敏にすると運転しにくくなりますから、程好い処を狙った味付けをするわけですね。

昔はアクセルは機械的に繋がっていましたから、複雑な味付けは出来ませんでしたが、MEGANEではアクセルバイワイヤーですから、きめ細かいアクセルフィーリングの味付けが可能というわけです。

  • Nojee 「で、メガーヌはどうなんですか?」
  • Sada 「他の多くの車と比較しないと何とも言えませんが、3rdから6thの駆動力線図が接近しています。3rdの最大駆動力は70km/hくらいで出ますから、これ以上の速度で全開でがんがん走ると、ギヤの繋がりがとてもよく、楽しいでしょうね!それこそがクロスレシオ多段ミッションの醍醐味です。でも残念ながら日本では無理ですね。」
  • Nojee 「なるほど。ご回答ありがとうございました。」
メガニストジャポン
}