ASR

出典: MeganeWiki

ASRとは、滑りやすい路面での発進時に、スリップを生じた方のトルクを低減し他方に配分することによって発進性能を改善する機構


ASRについて言及しているページはこちら


"Anti Slip Regulation"の略

TCS(トラクション・コントロール・システム)の別の呼称。

駆動軸には通常デファレンシャルギヤ(デフ)が存在するが、この特性によって一方の駆動輪が空転すると、他方の駆動輪にトルクが配分されなくなる。

ASRとは、上記による低ミュー路での発進性低下を防止するため、空転を開始したホイールにブレーキを掛けてエンジントルクを両輪に分配し、発進性を確保しようとする仕組みである。

ASRは通常ではありえないホイールの異常な回転上昇を押さえるように制御している。 このために、コンピューターは常時ホイールに装着してある回転パルスを監視している。

今滑りやすい路面等で一輪が他の車輪と比較したときにありえないような異常に早い回転上昇を見せたとき、この車輪にブレーキを掛けて急激な回転上昇を押さえ、これによって駆動輪に均等にトルクを掛けようとするもの。

一方、氷上のような非常に滑りやすい路面では発進時に両輪が滑ってしまうことがあり、こんな場合にはブレ-キングしても無意味になってしまう。 この場合では、エンジンのトルクを制限して駆動力を得られるように作用する。

ASRは単に滑りやすい路面での発進を助けるだけでなく、こぼれたオイルや部分凍結路等部分的に滑りやすい路面の走行時においてもステアリング操作によってクルマを安定したラインに乗せられるように作動している。


関連情報
"http://meganiste.com/ASR" より作成
メガニストジャポン
}