Cプラットフォーム

出典: MeganeWiki

MEGANEのベースとなっているCプラットフォームとは?

Cプラットフォームについて言及しているページはこちら


プラットフォームの明確な定義は無いが、自動車の基本部分である「車台」と呼ばれる部分をプラットフォームとするのが一般的。

その大きさでA、B、C・・・と言うように分類される。

自動車会社1社で複数の車種バリエーションを持つ場合、できるだけ少ない種類のプラットフォームを利用して車種構成を持てば、工場設備等を含めたトータルコストが低減できる。

このため、最近は他の自動車メーカーとのプラットフォームの共有化も促進されている。

日産-ルノー間でも当然共有化を進めており、Cプラットフォームは、この中でも中核をなすクルマ(Cセグメント)のベースに用いられる。

日産-ルノーアライアンスにおけるプラットフォームの共用化は以下の通り。

C プラットフォーム
日産販売開始時期ルノー販売開始時期
ラフェスタ2004年12月(日本)メガーヌII*2002年9月(欧州)
セレナ2005年5月(日本)
B プラットフォーム
日産販売開始時期ルノー販売開始時期
マーチ2002年3月(日本)モデュス2004年9月(欧州)
キューブ2002年10月(日本)
マイクラ2003年1月(欧州)ダチア/ルノー ロガン2004年9月(欧州)
ティーダ2004年9月(日本)
ティーダラティオ2004年10月(日本)クリオIII2005年9月(欧州)
ノート2005年1月(日本)
ウイングロード2005年11月(日本)
ブルーバード シルフィ2005年12月(日本)
関連情報
メガニストジャポン
}