VVT

出典: MeganeWiki

Variable Valve Timing(可変バルブタイミング)


VVTについて言及しているページはこちら


  • ピストンが下降する吸気行程の間吸気バルブが開弁するが、実際には空気には流れる速度や、前の行程の排気との入換の関係でこの開弁時期や期間を補正する必要が有る。
この補正量はエンジンの回転速度によって最適な量が異なる。従来は、そのエンジンを用いるクルマの性格に合わせて、高速回転に合わせた補正や低速回転に合わせた補正をカムシャフトのカムの形に施して行っていた。
可変バルブタイミング機構は、この吸気弁(エンジンによっては排気弁も)の開閉するタイミングや期間の補正量をエンジン回転速度等によって変化させ、空気の吸入効率を全回転域に渡って最適値に近づけようとする物。

Wikipediaによる可変バルブタイミング機構の説明

1.6LK4エンジンに用いられているVVT

"http://meganiste.com/VVT" より作成
メガニストジャポン
}