パリの駐車 
sada MEGANE(HATCH) @埼玉県 10/14(木) 23:04:16 No.20041014230416
フランスでは路上駐車はバンパーをぶつけてスペースを確保するとよく言われます。
本当です!特にパリでは。

路上に駐車してある車は、殆どが前後20cmくらいしか空いていません。
くっついちゃってる車も多く見かけます。

出る時は、前後の車にバンパーを当てて隙間を確保します。
只、ぶつけてはいません。そっと当てています。
時々高さが合わず、相手の下に潜ってしまい、連結してしまって往生している光景を目撃します。

駐車の時も、リヤを入れて後車を押し、スペースを空けて何度も切り返しをしてフロントを入れています。
だから彼らの縦列駐車はテクニック抜群です。(いや!ぶつけないでヤレっと言ったらできるのかな?)

それじゃみんな傷だらけかというと、”傷だらけ”と”ぴかぴか”に二極分化しています。
お構いなしに駐車する人と、高い駐車料金を払って傷つけるのを避ける人と。

フランス車は、上から見ると日本車に比べて四隅が丸まっている物が多い気がします。理由は駐車のし易さかもしれません。

MEGANEに初めて試乗したとき、アビエーションタイプパーキングブレーキはカッコ良いけど力が入らないと思いました。
でも、こんな国情を考えると、あんまり効きを良くしてはいけないんだ!っと勝手に納得です!
オーナーの皆さん!駐車ブレーキは効きます?

1.  ubar MEGANE(HATCH) @福岡県    10/15(金) 00:00:00 No.20041014230416-1
すいません、本題とは関係ないんですが、
アビエーションって何ですか(^^;?


2.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    10/15(金) 10:48:30 No.20041014230416-2
Aviation Type Parking Brakeと、広報資料に書いて有りました。
「航空機型」という意味です。
カタログにも書いてありますが、飛行機のスロットルレバーの形をしています。


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る