オイル交換距離算出の目安 
sada MEGANE(HATCH) @埼玉県 1/18(火) 13:00:54 No.20050118130054
オイルについて、非常に専門的ですが、かなり多岐に渡って技術的なことを紹介している所を見つけました。
読むには相当のエネルギーが必要ですが、勉強にもなります。
最下段にアドレスを載せました.
この記述の中に面白い目安を見つけました。
オイル交換距離の目安。
メーカー推奨交換距離*(実際の燃費/メーカー公表定地燃費)=オイル交換距離
だそうです。
詳しくはHPに有りますが、ある意味説得力のある出し方だと思います。
MEGANE2.0MTの場合:
30,000*(10/17.6)=17,000
30,000:(km)欧州での推奨交換距離
10:(km/L)仮定の実際の燃費
17.6:(km/L)定地燃費が不明の為、公表の郊外燃費で代用
と言う事で、目安は17,000kmと言う事になります。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/

1.  1.9dci MEGANE(WAGON) @海外    1/20(木) 06:14:46 No.20050118130054-1
sadaさん このサイトの難しい内容は分りませんでしたが、整備手帳にある"ACEA"とか"B3"とかの意味が分り、参考になりました。
ちなみに車に付いていた整備記録帳(ルノー全種の乗用車共通)には、「オイルはACEA規格のA3(ガゾリン車)を使うこと。 交換周期は30.000km または2年毎。 ただし、短距離走行を繰返す場合、街乗りの場合は、15.000km または1年毎の交換を薦めます。」と書いてありました。 日本での使用状況を後者と考えると、sadaさんのおっしゃる17.000kmに近い値になります。

 日本の正規輸入車には 何かオイル交換についての手引きが付いていますか?


2.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    1/20(木) 21:13:00 No.20050118130054-2
1.9dciさん!オイル交換距離の現地情報有難うございます。
ルノージャポンさんの推奨は確か、10,000km又は1年だったと思います。
実は私は現地ではオイルが30,000km、タイミングベルトが120,000km(日本では60,000km)と言う事を知っていたんで、ルノージャポンさんに日本では短くなる理由を聞いてみたんです。ここのBBSでも過去に大論争を巻き起こしてしまいました。
でも、満足な回答がRJさんからもらえなかったんで、自分なりの目安を見つけようとしていたら、あのサイトにたどり着きました。
街載りは15,000kmという情報は知らなかったんで、検討した結果に自信が出ました。
あつかましいお願いですが、その他の定期交換部品(その他オイル類、フィルター類)の欧州での交換時期を教えて頂けませんか?
それにしても、あのサイトの中身は凄いですね!勉強になります!っと言っても、あまり詳細なコンテンツなんで、未だほんの一部しか読んでませんが!


3.  1.9dci MEGANE(WAGON) @海外    1/21(金) 06:20:29 No.20050118130054-3
sadaさん。整備手帳もとい、保守手帳をよく見てみました。
30,000km・2年ごとの点検と書かれていて、部品類の定期交換周期もこれを基準に決めてあるようです。

MeganeUガゾリン車について書かれていた 部品類交換と周期は 
 プラグ:60.000km
 エアフィルター:60.000km 又は4年
 室内フィルター(装着車):30.000km
 ディストリビューションベルトとローラー:120.000km 又は5年/但し短距離走行繰り返しの場合はルノーに問い合わせること。と注書きあり。
 (ローラーは、たぶんプーリーの事だと思います。タイミングベルトが含まれているかは判りません)
 付属補機のベルトとローラー:120.000km 又は5年
 ガソリンフィルター:240.000km
 ブレーキパッドの確認調整:90.000km
 ブレーキオイル 但し運転動的コントロール装置装着車のみ:90.000km (EPS装着車のことだと思います)
 カードキーのバッテリー:2年
 エアコン冷媒の点検とレベル補給:4年
 クーラント(冷却水)120.000km
 タイヤ圧監視装置(装着車のみ):10年
となっていました。 また(日本で発売されていない)2.0Tについては一部違うところがあり、エアフィルター30.000km交換と書かれていましたが、RSについては記述がなく不明です。
 それから、エンジンオイルについて追加ですが、A3が標準で、A5を使用すると燃料消費減少に効果ありますと書いてありました。
 当然でしょうが、EU圏または登録国以外で使用の場合はその地域のディーラーに。。。と書かれていますが、参考にされてください。


4.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    1/21(金) 23:07:46 No.20050118130054-4
1.9dciさん、再度有難うございます。お手数をお掛けしました。
早速比較してみますと
            欧州         日本
エンジンオイル :30,000km又は2年     10,000km又は1年
プラグ     :60.000km         30,000km
エアフィルター :60.000km又は4年       20,000km
室内フィルター :30.000km               1年又は10,000km
タイミングベルト:120.000km又は5年        60,000km又は5年 
ベルトとローラー:120.000km又は5年        記述無
燃料フィルター :240.000km               30,000km
ブレーキパッドの確認調整:90.000km     記述無
ブレーキオイル :90.000km(EPS装着車)     60,000km又は3年
キーのバッテリー:2年                    2年
エアコン冷媒の点検とレベル補給:4年    記述無
クーラント   :120.000km              60,000km又は3年
改めて比較してみると、
日本は、エアクリーナー・室内フィルターが1/3しか持たない多塵地域、燃料フィルターは1/8しか持たない粗悪燃料・・・!っという国のようですが?
RJの推奨メンテインターバルは、とても真面目に日本の使用条件を考えて作ったとは思えませんね。
スッゴク腹が立つんですけど、この辺にしておかないと、又以前の繰り返しになっちゃいますね!


5.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    1/27(木) 13:50:20 No.20050118130054-5
以下私の個人的見解です。
何故燃費で補正するかと言うと、
オイルの劣化は
·ガソリン希釈 ·水分混入 ·NOxの硝酸化 ·高温酸化
等によって起こります。
この劣化要因は、燃費を悪くする運転の仕方によって発生する事が容易に想像できます。
チョイ乗りの多い運転、冷間時の始動停止の繰り返し、高負荷運転等々
だから、燃費が悪くなる運転をした時はオイル劣化も進んでいると判断する事は理に適っていると思うんです。
でも、これは2重補正だと思います。というのは、メーカーも既にこのような補正を行っているからです。
一方、エンジンは運転によって各部が磨耗してきます。
メーカーは、その交換時期を守れば、想定した寿命の間に性能に影響の出ない程度の磨耗量の範囲に収まることを検証して決めています。
それ以上に長持ちさせたい、初期性能をできるだけ維持させたいと思う時はメーカーの想定以上に磨耗を減らす方策が必要でしょう。
只、私自身の経験では、これ迄7台の車を乗り継ぎ、全てメーカー推奨距離でオイルを交換し、純正オイルを使用して来ましたが、各々10数万kmの間燃費劣化はありませんでした。メーカー推奨交換距離にはかなりのマージンが見込んであるからでしょう。
かなりのマージンがあることを承知で自分の車のオイル交換距離を求めてみると:
·実燃費:10km/L 
毎日往復50kmの通勤+休日のドライブ、買い物等(約15,000km/年)
·定地燃費:公表数字無し。
代わりに欧州のオイル交換推奨距離3万km。最良の実用燃費として、メーカー公表の郊外燃費17.6km/Lを使うと、
約17,000km毎の交換ということになります。
点検時期と併せて考えると、12ヶ月点検時にオイルも交換というのが妥当でしょう。
残る問題は、オイル量が多すぎる事。
前の国産車はフィルター含めて3.9L、MEGANEは5,9Lです!
これらを考えると、1年に1回は頻繁に交換し過ぎとは思いますが、1年以上延ばすのは気持ちの良いものではなく、偶々年間走行距離が17,000kmより伸びた場合でも一回/年で良いという保険にしましょうかね!


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る