ミシュラン凄い! 
sada MEGANE(HATCH) @埼玉県 5/6(金) 16:19:49 No.20050506161949
先日ミシュランさん型が磨耗してるんでは?などというスレッドを立てましたが、私の完全な誤解でしたので別スレッドを立ててフォローさせて頂きます。
ミシュランさんのご説明によれば、
外側のブロックに刻まれているサイプの深さは、ブロックの剛性のバランスをとるために、大きいブロックより小さいブロックの方が浅く彫られているそうです。
従って、小さいブロックのサイプが消えても大きいブロックのサイプは残っているということなんだそうです。
私の車で確認すると、確かに、サイプが消えているのは幅の狭い小さいブロックです。
思い込みで失礼なスレッドを立ててしまったことをお詫びします。
と同時に、実はこの質問を日本ミシュランさんにメールでさせて頂きましたら、即返信を頂きました。素早いご回答に感謝です!

1.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    5/6(金) 16:39:40 No.20050506161949-1
補足させて頂きます。
外側のブロックのサイプの目的は二つ有るそうです。
1)ブロックの剛性のバランス。
 大きなブロックは剛性が高く、小さいブロックは低いですから接地した時の変形が異なり、ブロックによって磨耗量が変わってしまうため、これを防止する為の物だそうです。
従って、比較的早く小さいブロックのサイプが消えても性能には影響は無いそうです。
2)初期ノイズの低減
 タイヤは馴染むまでどうしてもノイズが出てしまうものだそうです。件のサイプはこの初期ノイズを防止する目的もあるそうです。


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る