MEGANEのドアモジュール 
sada MEGANE(HATCH) @埼玉県 10/3(月) 22:18:49 No.20051003221849
100,359バイト 92,745バイト
近年、車のモジュール化が急速に進んできています。
従来一つ一つ取り付けていた部品を集約し、かたまり(モジュール)として取り付けてしまおうというもので、ラジエタ・ファン・ヘッドライト等を集合したフロントエンドモジュールやウインドウレギュレータ・ドアロック・スピーカー等を集合したドアモジュールが代表的なものです。
モジュール化することの目的は、車両組み立ての簡素化、複数の車種でモジュールを共通化することによるコスト低減等があります。
MEGANEのドアモジュールは前者の目的で設計されているようですが、ちょっと驚きの設計です。
一般的なモジュール設計のドアは、ドアパネル@に各種メカニズムが事前に組付けられたドアモジュールAが取り付けられ、これをトリムBで覆っていますが、MEGANEの場合トリムに各種メカニズムが直接組付けられていて、ドアパネル@とトリムABだけで出来ています。
構造から推測すると、生産ラインのドアの組み立ては、ガラスを窓枠に仮止めし、ドアモジュールを取り付け、ガラスを窓枠から落とすと両者が結合して完成!と非常に簡単です。
只、驚くのは、ウインドウレギュレータやドアノブがトリムに付いていますから、窓ガラスを閉めたときの反力やドアノブを引いたときの反力はトリムに掛かる事になります!
大丈夫なんだろうか!!

1.  sympapa     10/3(月) 22:35:41 No.20051003221849-1
コレ、僕もビックリしました。
購入当初に助手席の窓から異音がするので、購入店さんで見てもらう時にお手伝いしながら見ましたが、レギュレーターまでトリムに付いてるんですもんね〜。
しかも、防水シートがないんですよね〜。

雨もある意味、トリムで遮られているんでしょうか。。。^^;


2.  土方@めがきゅ〜 MEGANE(HATCH) @静岡県    10/4(火) 08:08:31 No.20051003221849-2
お邪魔します。このような構造だから、パワーウィンドウが
壊れてしまうんでしょうか??


3.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    10/4(火) 15:50:50 No.20051003221849-3
めがきゅ〜さん。推測ですが、このような構造だからということではないと思います。
実は私がこの構造を見たのも、ウインドウの閉まりぎわにギリギリという異音がし、修理をお願いしたためでした。
異音は、レール上をスライドするプラスティックのホルダーの動きが渋いことが原因だったと思われます。
この状態が続くと、ホルダーが割れるとか、ワイヤに大きな力が掛かって滑車が割れるというようなことが起こるようです。
めがきゅ〜さんがこれまでに経験された故障は、どの部分が壊れていたのかご存知でしたら教えて頂けます?


4.  風の谷 MEGANE(HATCH) @大阪府    10/4(火) 21:02:03 No.20051003221849-4
貴重な写真、ありがとうございま〜す!
うちのの事故修理のドア交換の際に撮り逃していたので、とってもうれしいです!!

なかなかユニークなウィンドウレギュレーターの取付です。この構造は、側面からの衝突安全の確保にも効果ありそうですね。
側面衝突ではどうしたって乗員との距離が取れないので、ドア内部の構造が重要ですよね。
米国がサイドインパクト・バーを義務づけした時にメルセデスが自社内の衝突試験で、内蔵したサイドインパクト・バーが衝突の衝撃で折れてドア・トリムを突き破りダミーの側腹部に突き刺さる、と言う場面に出くわし、米国への輸出を数ヶ月ストップしてまでもこの対策に当たったと言う話を聞いたことがあります。
側面衝突時はドアと乗員の接触は避けられないでしょうから、ドア内部から突きだしてくるような部材は即乗員の命に関わるものです。この構造だと、ウィンドウ・レギュレーターの各部材はドアには固定されていないので、簡単にドアトリムと共にドアから外れてしまい、固定の一端のみが衝撃で外れてノの字状になって突きだしてきたり、中央部で折れてくの字に突きだしてきたりする心配はないですね。モーターユニット部分もスペース面で余裕のある足元の方に取り付けてあるし、ドア内部のサイドインパクト・バーも棒状の部材ではなく、ドア外装板側に取り付け、乗員との距離を可能な限り取ってますね。

やっぱり、メガーヌUの衝突安全性はEuroNCAP対策の結果ではなく、本気の努力の結果のようですねぇ。

チャンスがあれば、私も再度自分の目で確かめてみたいなぁ。


5.  tomozo MEGANE(WAGON) @大分県    10/5(水) 00:27:31 No.20051003221849-5
ども、tomozoです。
これに関連する内容でスレ立て&報告しておこうと思いつつ早数週間...

実は先月の台風14号来襲の翌日、ドアのポケット(スピーカーの下)が湿っているのを発見しました(発炎筒を支えるスポンジがびしょびしょ)。てっきり台風のさなかドアを開け閉めした際に入った雨水かと思いましたが、開けてもいない助手席側ポケットにも湿り気が...不思議に思いつつ数日放置していました。後日ディーラーへグランセニックを見に行った際、担当者の方とメガーヌのトラブルは少ないですねぇなんて話をしていると、『そういえば別のディーラーからの報告でドアポケットに水溜りが出来るトラブルがあって、原因はメガーヌ特有の内張りの一部が破損?して雨漏りするらしいですよ』、という話題が...
ん?それって思い切り自分の車の症状と一緒じゃん!という事で急遽自車のCheck&内張りのシール強化をしていただきました。約3h程掛かりましたが、無償で対応して頂きました。どの辺をどんな風にシール強化したか等、詳しくは聞いていませんでしたので、今度ディーラーへ行った際に聞いてみようと思います。

皆さんも雨&強風の翌日はドアポケットをチェックする事をお勧めします。


6.  風の谷 MEGANE(HATCH) @大阪府    10/5(水) 08:22:12 No.20051003221849-6
防水シートがないのは・・・・この構造とは関係なく昔からですよ。


7.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    10/5(水) 22:17:00 No.20051003221849-7
101,324バイト

>ガラスホルダの部分のアップです。
白いプラスティックのホルダがプレス製のレール上をワイヤーに引っ張られてスライドします。ホルダーの中に見える黒い部分にガラスが乗っかっています。
>ドアポケットへの水侵入は欧州でも多発していて、UKのオーナーズクラブのサイトにも専用のスレッドが立てられています。
それによると、原因はドア内面に侵入した水(侵入そのものは不具合ではなく、コレを許容する設計になっている)がスピーカーの配線を伝わってその下に有るポケットに侵入してしまうということだそうです。


8.  風の谷 MEGANE(HATCH) @大阪府    10/6(木) 21:35:53 No.20051003221849-8
あらら・・・・日本でだと「ヨーロッパとは雨の降り方が・・・」って言い訳もありそうなものだけど、イギリスでも話題になってますか!

そういえば前々車のルノー・エクスプレスも水が溜まるまではなかったですけど、ドアポケットに入れた紙類はいつのまにか湿気てましたね。

やっぱり、ルノーは変わってないなぁ(ちょっと悲しくもあり、ちょっと嬉しくもあるルノーファンより)。


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る