OBになりました 
じゃこ MEGANE(HATCH) @海外 2/5(日) 01:07:24 No.20060205010724
ドイツで1.5dCi(MT)に乗っていたじゃこです。この度、約2年と7ヶ月、6万キロをちょと超えたところで手放すことになりました。別に気に入らなくなった訳じゃなく、会社からカンパニーカーを支給してもらえるようになったので、自分で持つ必要が無くなった。ただ、こちらの税法上かなりの税金を払わないといけないのと日本と同じように系列や、つながりのあるメーカーの車でないといけないので必然的にドイツ車となったのでルノーが選べないのです。ちょっと落ち着いたら、ホットハッチなんかを週末用に探そうと思います。理想はアルピーヌ・スピダーですが、ちと高い。ではではまた興味あるネタにはカキコするかもしれませんのでよろしく。

1.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    2/5(日) 08:29:15 No.20060205010724-1
じゃこさん、おはようございます。
カンパニーカーが支給されたのですか!ひょっとして、昇進されたのですか。とすればおめでとうございます。
欧州ではCセグメントの車の6割近くがカンパニーカー需要と聞きます。日本にもこの制度出来ないかな!
MEGANEの話題でなくても、欧州事情など時々書き込んで下さいね!


2.  じゃこ Other car @海外    2/7(火) 06:19:45 No.20060205010724-2
返答いただきありがとうございます。

早速ですのでドイツのカンパニーカー事情についてちょっと書かせていただきます。もし会社から新車価格(定価)2万5千ユーロ以内まででいいですよと言われたとします。新メガーヌのドイツの価格で言うと5ドア2.0L16Vオートマチック、メタリックカラー、17インチアルミ、キセノン、コンフォートパッケージなんていう日本に入ってそうな仕様を選べます。これで定価は約25000ユーロ(16%の消費税込み)。この新車定価(ここがミソ)の1%があなたの月給(税引き前)にプラスされたとして所得税が計算されます。日本でメガーヌに乗る人が見るこのサイトに来られる方には大したこと無いじゃないかと思われるかもしれませんが、ドイツの所得税率(社会保険、厚生年金、健康保険も含めた比率)は高くて、独身で50-53%(州によって違う)、結婚して一人子供がいて、40-43%が税金+社会保障費で消えます。ということは250ユーロがみなし所得でその40%としても100ユーロの税金を毎月払うことになります。
さらに、住んでいるところから会社までの距離に応じた額が加算されます。1キロあたり車両定価の0.03%を毎月のみなし所得となるので、簡単化のため会社から33キロのところに住んでいるとするとさらに車両価格の1%が上乗せされますのでみなし所得の合計は500ユーロとなり毎月の税金は200ユーロとなります。
 ということは年間2400ユーロ、今のレートだと33万6千円になります。
これで車両償却費と燃料、保険代もカバーされるので安いといえば安い。しかし、そこは倹約精神に長けたドイツでは新車に乗ることにそれほど興味を持っていない人も多い、枯れた10年落ちの10万キロゴルフか何かに乗って通勤控除を申請したほうが安くつくことをよく知っているのです。また、100キロ近く会社から離れた人が実際にカンパニーカーを拒否している事実もあります。
 しかしながらこの制度のせいでドイツの新車市場が支えられていることは間違いありません。なんせ新車販売の半分以上を占めるこのカンパニーカー族が2年以内(とある企業は6ヶ月毎!)で皆、乗り換えるのですから。


3.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    2/7(火) 10:24:04 No.20060205010724-3
じゃこさん、制度の解説有難う御座います。
しかし、距離が長いと余計に税金を払うのは何故なんでしょう?ガソリン代も余計に必要だし!環境に負荷を与えている環境税的なものですかね?
車を支給してくれるのは会社とすれば、会社に対しては徴収された税金から何か還元があるんでしょうかね?


4.  じゃこ Other car @海外    2/7(火) 19:42:32 No.20060205010724-4
CO2低減目標は今や国の目標でもあるのでそのために設定されているものです。以下のインセンティブを期待してのことだと思います。
会社の近くに住む-->走る距離短い-->CO2低減
定価の安いクルマにする-->小型化(軽い)あるいは小馬力化のクルマ-->燃費いい-->CO2低減
しかし、この制度、よく考えると自動車メーカーには新車販売促進になり、国には税収UPとCO2低減への努力を示せる。ユーザーには安く新車に2年毎に乗れる。会社には何か得があるのか....還元は無いはずです。おそらく給与で与えると税金を取られるし社会保険の負担が増えるが、カンパニーカーだとそのリーズ代や燃料、保険代が経費で落とせるのが有利な点でしょうね。よくできているので日本にもと思わないでください。今なら日本でカンパニーカーをもらえたら無税で使えるのですから。
 この背景から考えて無制限のアウトバーンを200km/h以上でかっとんでいるのはカンパニーカーと思って間違いありません。彼らには燃料代を心配する必要がないのですから。


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る