カックンブレーキ対策 
マロン MEGANE(WAGON) @大阪府 2/27(月) 16:16:08 No.20060227161608
皆さんのメガーヌにカックンブレーキ現象はありませんか?私のワゴンは顕著で特に踏み直すとオーバーサーボでガツンと利いたり、1回目と踏みなおして2回目では利き具合が違ったりします。渋滞時などは追突しそうになり恐怖です。個体の差はあると思いますが「慣れる」しかしかたないのでしょうか。対策部品などあれば教えてください。

1.  ako MEGANE(WAGON) @東京都    2/27(月) 17:13:03 No.20060227161608-1
初めまして!下記アドレスにデータベース化されていますので、アクセスして見てください。
メガニストはこのようなデータデース化が強みです! いつもスタッフの皆様には感謝しております。
カテゴリーINDEXやサイト内キーワード検索が便利です!

http://meganiste.com/archives/2004/10/10/20041010_175252.html


2.  パパゲーノ     2/28(火) 00:03:07 No.20060227161608-2
こんにちは、マロンさん

走行距離は10000kmを越えていますが私の経験から言って、当初危険なほどの極端な感覚を覚えられのならば、”慣れる”ということはと不可能だと思います。

別のところでも書きましたが、ディーラーを通じて先代メガーヌでの時にもユーザーが大変困っていた欠陥ATに対してのクレームに対しても”問題ない”と受け付けなかったように、ジャポンの対応は酷いものだと実感しています。

このブレーキはやはり納得できない旨をジャポンに対して言い続けるべきでしょう。私の場合はディーラーにまず伝えましたが、直接ユーザー自身がジャポンに連絡する方が効果的とのアドバイスもあり、長期間何の連絡もないまま待たされ続けておりましたこともあって適宜ジャポンにも催促の連絡を入れておりました。

結局数ヶ月待たされてジャポンが指示してきた通りに、徹頭徹尾こちらに親身になってくれたディーラーが、”お客さんには迷惑を帰られないから”と全費用を負担してグラスルーフ用のパッドに費用ディーラー持ちで交換してくれました。GC用パッドへのフロントのみの交換(17000円程度)の指示でしたが、ディーラーには大変お世話になり恐縮しているのと同時に、他にもいろいろ聞いているのでジャポンの無責任な態度には怒りを覚えています。

その結果として、カックン度はかなりましになっていますが、まだサーボが強すぎるような感じも残っています。

今度はリアも交換を依頼して見ようと思っているところです。

繰り返します。これは、ジャポンが費用を持って直すべきでしょう。


3.  haji Other car @東京都    2/28(火) 01:28:17 No.20060227161608-3
多かれ少なかれ、カックンブレーキはメガーヌの持病のようなものですが、踏む回数によって効きが違うということは聞いたことがありません。
NAVI誌などのレポートでも見られるようにメガーヌはブレーキとサスの性能には定評があり、カックンなりに安定した制動力が確保されています。
もし効きの違いがあまりにも顕著でしたら、故障かもしれませんので一旦ディーラーに持ち込んでみてはいかがでしょうか。


4.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    2/28(火) 09:47:32 No.20060227161608-4
私の車は、かつてどこかに書き込みましたが、1回目の踏み込みと、2回目の踏み込みでは明らかに効きが違います。
かつてABSの無い車に乗っていた経験から、MEGANEに乗るまではポンピングブレーキが習慣になっていました。MEGANEに初めて乗ったとき、2回目の踏み込みでガクンと効いた時はびっくり!以来、踏み込んだまま踏力を断続的に変化させるようにしています。
大型のバキュームサーボを備えた車では何度かこの傾向を経験したことがありますが、どんな構造に起因するのかは解りません。
カックンブレーキについてはUKのサイトを覗いても指摘が無かったように記憶していますから、日本のような交通の流れで出易いのかもしれませんネ。適切な表現かどうかわかりませんが、私の以前の車(国産車)は踏力型、MEGANEはストローク型のような印象です。それを足が覚えているせいか、逆にMEGANEから国産車に乗換えた直後もカックンブレーキになってしまうようです。
1年余り乗った今でも何気ないブレーキングで時々カックンをやってしまうことがありますから、慣れたとは言ってもやはりデリケートであることには変わりないようです。
バキュームの通路にオリフィスを入れて効果が有った方もいらっしゃるようですので、高速からの効きに問題が無いのならば簡単な対策手段が欲しいですね!


5.  マロン MEGANE(WAGON) @大阪府    2/28(火) 11:05:15 No.20060227161608-5
akoさん、パパゲーノさん、hajiさん、sadaさん。ご返事ありがとうございました。カックンブレーキは私ひとりの悩みかと孤独感があったのですが色々と参考になりました。私の「踏む回数によって効きが違う」という表現が悪かったのですが、たとえば渋滞の最後尾につく前にまず一回目のブレーキを踏んで減速して、最後尾のクルマの手前で止まろうともう一度踏んだときに「ストロークが違い踏みしろが狭い」「効き出すペダルの位置ポイントが深い」「オーバーサーボで効き過ぎる」のではないかと感覚的に思うのですが、皆さんのメガーヌはそういう傾向はありませんか。


6.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    2/28(火) 11:28:55 No.20060227161608-6
マロンさん、こんにちは。
私の言う2回目は1回目の操作から間もない2回目のときで、恐らくマロンさんのご指摘と同じです。
ポンピングブレーキの様な断続操作の2回目の動作や、1回目で減速し、もう少し踏み足すために一度放して再度踏んだときです。
昔、4tトラックがバキュームブレーキだった時代に、1回目の踏み込みでブレーキがあまり効かず、習慣的に2回踏み込んで効かせるようにした事が有ります。これと同じような感じです。
ブレーキから足を放さずに踏み足せばこの現象は起きません。
どなたか、構造的に説明して頂ける方はいらっしゃいませんかね?


7.  マロン MEGANE(WAGON) @大阪府    3/4(土) 23:39:29 No.20060227161608-7
自動車評論家も欠陥を指摘。外車専門誌NEKO PUBLISHIGが発行しているAUTOCAR最新号2006年4月号に自動車評論家森慶太氏が「踏力一定=減速G一定のブレーキングができない。踏力一定で踏んでいると、減速Gはきゅうううっと強まっていく。左側にあるマスターシリンダー+サーヴォと右側にあるペダルとの間を棒やレバーで連結していて、そのリンケージ部分がバネになっている。」と指摘されています。


8.  ワッキー@     3/5(日) 00:28:01 No.20060227161608-8
くどいかもしれませんが・・・。^^; 昨年4月の投稿をコピペ。

2.  ワッキー@ Clio/Lutecia @京都府    4/3(日) 07:50:46 No.20050402223651-2

みやしんさん・a3oさん達のご要望にお応えして
ブレーキ関連のレポを作ったのですが
そのうち他の部分もまとめて「メガーヌ2うんちくページ」として
うちのHPに掲載するつもりでした。
でも、最近バタバタしてたので暫定的ですが、前回一部に公開していたページのリンクを貼っておきますね。
http://wakky-car.hp.infoseek.co.jp/megane2/brake0001.htm
「読んでも怒るな!」がうちのうんちくページの基本ポリシー(w)ですのでよろしくお願いいたしますぅ〜。^^;

「ワッキー@ http://www.yowdow.com/car/ 」


9.  haji Other car @東京都    3/5(日) 02:48:04 No.20060227161608-9
オートカーったって、本国の記事ならともかく日本の自称ジャーナリストの感覚的なものですからねえ。
文字数稼ぎのためにサーボをサーヴォなどと書くようなアマチュアドライバーの言うことなんてどれほど信用できるものか…

まあ、イギリスでもCセグベストセラーのメガーヌなのですから、本当に欠陥があればルノー側からリコールを出すでしょう。
どうしても納得できないのなら、ここのような個人的なサイトで騒ぐよりも、国土交通省のサイトから通報するという手が効果的ですよ。
外国車リコールの中に、日本のユーザーが告発したのがきっかけとなったケース含まれています。


10.  みやしん MEGANE(HATCH) @岡山県    3/5(日) 22:38:23 No.20060227161608-10
サーボはSERVOと綴るから「サーヴォ」でも間違いではないなぁ・・・と言う話は置いといて(笑)。

ワッキー塾門下生(通信教育w)のみやしんでございます。
マロンさんの引用された森慶太氏の記事、ペダルタッチに対する印象は良く言い当ててるなぁ、と思います。私の持つ印象と同じです。後半部分については??ですが。
ブレーキパッドメーカー数社に質問しました所、メガーヌにも採用されているメタル系パッドは初期制動力が優れてる半面、コントロール性がシビア(私見ですが、速度が落ちるにつれ摩擦力が増す?)な特性を持っているそうで、これが「カックンブレーキ」の一因になってるとは思います。事実、社外品のノンアスベスト系に交換した私のメガーヌは随分マイルドな特性に変化しました。
ただ、メタル系パッドの特性だけなら、運転手側で学習→踏力の修正ができるのですが、メガーヌの場合、ベダル踏力と制動力の間に違和感を感じており、これはパッドを交換した今でも拭いきれません。
この結果から、ワッキー氏の仰る通り、マスターバッグ周りの剛性不足なのかなぁ・・・と推論しており、車輌保証期間がが過ぎたら何らかの実験、対策を施してみようかと思っております。

マロンさん、sadaさんの仰る、「2度踏みするとカックンする」って言うのは、パッドの特性的な部分とペダルタッチの曖昧さが原因ではないでしょうか?


11.  ワッキー@     3/6(月) 17:40:12 No.20060227161608-11
>みやしんさん
>ワッキー塾門下生(通信教育w)
どひゃ〜。誤解を招く表現はやめて〜
わたしゃただのクルマ好きのおっさんですよぉぉぉ。


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る