電圧計が無くても電圧を測定する方法があります! 
sada MEGANE(HATCH) @埼玉県 3/13(月) 17:52:07 No.20060313175207
ふとした事からバッテリー電圧をモニターできることを思い付きました。
それはNAVIです。私のはPANASONICのDV255ですが、メニュー画面[情報・設定]>[システム情報]>[車両信号情報]にするとACC電圧が読み取れるようになっています。
これで見てみると、冬季は、エンジン停止時:12.5v、走行中:14.5±0.3Vでした。
先日のやけに温かかった外気温17℃位の時、都内の大渋滞の中で13.8V程度でした。
この値を見る限り、レギュレーターは正常に温度補正をしているようです。
停車時の電圧がやや低いように思えますが、配線抵抗を考慮するとこの程度かもしれません。
時々この値をチェックしていれば、バッテリー突然死の予兆がつかめるかもしれません!
NAVIを装着されている方、チェックしてみては如何でしょう!
尚、レギュレーターの温度補正特性の一例はココ↓で見られます。
http://www.uuhome.de/william.darden//carfaq5.htm

1.  miya Alfaromeo(OB) @神奈川県    3/17(金) 22:32:59 No.20060313175207-1
アルファにもバッテリー突然死がよくあるようなので、私もナビでざっと検証してみました。(気温16℃くらい)

エンジンOFF…12.1V
アイドリング…13.5V
走行…14.0V

いずれも、ナビ、オーディオ、エアコンON状態です。
やはり、エンジン停止時が少し低い事が気になります。(定格ですけど ^^)

後ほど、もう少し詳しく条件設定して調べてみようと思ってます。


2.  ToTo MEGANE(CC) @福岡県    3/18(土) 09:23:07 No.20060313175207-2
「NAVIでバッテリー電圧をモニター」に賛成です。
 私のもPANASONICのDV255ですが、毎日同じ道を往復しているので必要ないにも拘らず、エンジン始動で必ず立ち上がってしまうNAVI。途中にスイッチでも入れない限り電源すら切れない。勿体ないのでもっぱらバッテリー電圧モニターとして使用しています。
 バッテリーの突然死(¥メガーヌの装備¥バッテリ)気になっています。ToTo号のバッテリーは、
DELPHI Freedom(565 105 072)12v65Ah LB3EN Test720A
です。
 バッテリーの状態をチェックするには、もちろんバッテリチェッカーを使えばよいのですが、毎日というわけにはいかない。バッテリの端子間電圧であれば常時測れそうですが、どのような負荷がつながっているのか不明なので、開放電圧を知るには電極から配線をはずす必要があり、そーするとあちこち初期化されちゃうでしょうから滅多にやれることではない。簡便な方法があればと思い、手っ取り早いのでNAVIでACC電圧をモニターしています。

1.ブレーキを踏まずにStart/Stopボタンを押してアクセサリ電源をONにする。
2.NAVIがStradaと掛け声をかけるのを待って、
「行き先」ボタン>[情報・設定]タグ>[システム情報]>[車両信号情報]
でACC電圧を表示する。
3.ブレーキを踏んでStart/Stopボタンを押し、エンジンをかける。
4.再び、「行き先」ボタン>[情報・設定]タグ>[システム情報]>[車両信号情報]
でACC電圧を読めるようにする。
を面倒くさがりながらもなるべく毎日やっています。
電源ONで直ちに[車両信号情報]を表示できれば楽なのですが。

1)エンジン始動前:デジタルボルトメーターで測ったバッテリ端子間電圧=12.58V
2)ACC電源ON:NAVIのACC電圧表示=12.0V
バッテリ端子間電圧は12.10Vに下がりますが、NAVIだけでなく、ファンが回ったりしてるのでこんなものでしょう。
3)エンジン始動時:ACC電圧=14.7V、バッテリ端子間電圧=14.65V
これはオルタネータの発電電圧をモニターしていることになります。
4)走行中:ACC電圧は徐々に下がり14.4±0.3Vで変動
5)エンジン停止時: ACC電圧= 12.6V

2)のエンジン始動前ACC電圧は
1月末には 12.2V
2月末には 12.1V
昨日は 12.0V
と順調に(?)下がってきていますが、気温のせいでファンの回り方が違っているだけなのかもしれません。バッテリーが死ぬまでチェックしてから報告しようと思っていました。


3.  sada MEGANE(HATCH) @埼玉県    3/18(土) 22:38:15 No.20060313175207-3
miyaさん
オルタネータが正常であればアイドリングでも走行中でも電圧は殆ど変わることは無いと思います。
私の車の場合、殆ど変わりません。
レギュレーターは高温時の過充電を防止するために、温度に逆比例して、高温になってくると電圧を下げるようになっています。
私のは、冬の間は14.5v位を示していましたが、最近は14.0v位に下がっていますし、今日のように暖かい日に渋滞にはまると13.8v位に下がっていました。おそらく、エンジンルーム内の熱気が逃げずにレギュレーター周囲の温度が上昇し電圧を下げたものと思います。
ロングライフバッテリーの突然死の最大の要因は夏の間の過充電だそうですから、夏の間の電圧が高過ぎないかと、バッテリー液量が正常かを時々見てやればよいのではないでしょうか。
ToToさん
OFFボタンを1秒押しすれば表示や音声は消えますから、その状態で収納しておくとエンジンを始動してもNAVIは立ち上がりません。(ご存知かもしれませんが!)
私は通常こうしておいてNAVIを立ち上げずに出勤してます。


4.  ToTo MEGANE(CC) @福岡県    3/21(火) 12:25:31 No.20060313175207-4
sada> レギュレーターは高温時の過充電を防止するために、温度に
sada> 逆比例して、高温になってくると電圧を下げるようになっています。
なるほど。よくできていますね。
バッテリーの温度もモニターしておいた方がいいですね。
デジタル温度(内外)&電圧計なるものを利用すれば出来そうなのでそのうち試してみます。

sada> OFFボタンを1秒押しすれば表示や音声は消えますから、その
sada> 状態で収納しておくとエンジンを始動してもNAVIは立ち上が
sada> りません。(ご存知かもしれませんが!)
はい。ありがとうございます。
モニタ自動開閉:しない
に設定してモニタは常に立ち上がった状態にしています。


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る