エンジンマウント、インシュレーター交換 
maruu MEGANE(HATCH) @東京都 8/7(月) 00:02:00 No.20060807000200
右エンジンマウント(冷却水タンク脇)とエンジン中央下まわりのインシュレーター(正式名はトルクロッド)を交換しました。トルクロッドのほうのインシュレーターの黒いゴムは劣化し、最も細い部分は断裂していました。右エンジンマウントのほうは見た目の劣化はなく、ゴムの細い部分もないので断裂はありませんが、弾力は失われていました。(左マウント、トランスミッション側は交換せず)交換した理由は、アクセルペダルとブレーキペダルに振動が伝わるようになったからです。アクセルペダルの振動は、マッサージ用のバイブレーターを超微弱にしたような比較的周波数の高い振動で、とくに1500〜1800rpmあたりで発生し空ぶかしでも発生しました。ブレーキペダルの振動はエンジン始動時に顕著で、AT車のためブレーキペダルに足をおいてエンジンをかけますが、その時「ガツン」と押し返されるようなショックが伝わりました。で、そのような両ペダルへの振動がいつから発生したかというと、7月はじめにスロットルチャンバーの清掃およびスロットルの初期化をし、アイドリング回転を含めエンジンの調整をしてもらってからです。で、さらに、そのようなエンジンの調整をなぜしたかというと、6月下旬のある朝、1回、2回、エンジンが始動せず、3回目で始動したが、「インジェクション点検」「サービス」点灯、かまわず発進すると、3速ホールド状態で走行「ギアボックス点検」「サービス」もそのまま点灯・・・・・・というトラブルがあったからです。(そのトラブルは、その朝いったん勤務先まで行き駐車し、昼過ぎにもう一度始動すると解消)話を元に戻します。皆さんにお伝えしたいことは、(ディーラーのメカニックの弁)マウント、インシュレターのゴムに限らず、ワイパーブレードなども含めての早期劣化は「ルノー車一般のこと」「よくあること」だそうで、このアクセルペダルなどの振動は納車1年でも、10000km程度の走行でもすぐ起こりえる、事例は何件もある、弊車もその一つにすぎない、ということです。(弊車は04年10月15日登録、32288km走行)別スレッドで何件か「ペダルの振動」の件が掲載されていますが、おそらくマウントのゴムの劣化(or場合によっては断裂も)が原因でしょう。私の場合は交換によって振動の80〜90%が取り除かれたように体感しています。部品代は右マウント¥13600、トルクロッド¥6360、工賃は両方で¥9529でした。(部品はエンジン形式より、技術料は社による相違有り)

1.  katame Clio/Lutecia     8/7(月) 09:02:09 No.20060807000200-1
エンジン始動困難な件
実は 日産車でも(車種たくさんあるらしい、マツダにOEMしている 車も該当)この症状が出ている。対策としては 「エンジンオイルを Fまで入れない」 日産ではサーキュラーが回っているらしい。
メガーヌとの関連 確認できてません。
どなたか お調べください。
ルーテシア(私のは2型)は関係ないようです。
スマートは別の理由で オイルレベルに氣をつけてますので 他の車も Fにはしない習慣がついてます??


2.  maruu MEGANE(HATCH) @東京都    8/8(火) 00:31:03 No.20060807000200-2
最後のオイル交換は今年4月にしましたが、Fよりは下になっていました。交換直後から、オンボード表示では一番右の1本が出るか出ないかぐらい。                                     6月末のエンジン始動困難な件、私の推測では、「湿気」かなと。その日は月曜で、全日の日曜は大雨で1日中降り続いてました。日曜は全くエンジンをかけていません。月曜の朝に始動させたのは約48時間ぶりです。                                                           取説にも、「湿気の多いときは、エンジンが始動しにくいときがあります」とあります。             いずれにしても、コンピュータの「非常作動」で、そういう履歴が残っていたわけです。 


返信投稿

なまえ
メールアドレス
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

掲示板に戻る      ホームページに戻る