Nojee Chips

05-01-09 System システム

フランス語版の取扱説明書が厚い訳

050109.jpg

並行輸入車のメガーヌオーナーmaruuさんから「日本語版の取扱説明書を貸していただけませんか?」とメールをいただきました。maruuさんにはメガニストジャポンで活発な活動をしてもらっていますし、ちょうどミーティングの直前でしたので「お互いに顔が分からないと不安ですから、お会いした時で良いですね。その代わり...」と言うことで、簡単に比較をしてもらえませんかとお願いしたところ、下記のようにしっかりまとめてくれたので、ご紹介します。

  • フランス語版が日本語版と同じ点

    基本的には、おおかたのページはそのまま翻訳してある。写真、イラスト、ページレイアウトも含めて、同様の内容と考えて良い。例えば...
    • 表見開き 「elf」のページ
    • 0.01 「ようこそルノー車へ」
    • 1.52〜「オンボードコンピューター」
    • 1.62〜「ライト/ライト消し忘れ警告ブザー」
    • 1.71〜「フロントワイパー/ウィンドーウォッシャー」
    などなど多くのページ

  • フランス語版が日本語版と違う点

    取説の冊子の厚さは、フランス語版が約10.5mm、日本語版が約9mmとなっている。これは、当然フランス語版のページ数が多いからである。
    • 1章はフランス語版が1.84まで、日本語版が1.75まで
    • 2章はフランス語版が2.32まで、日本語版が2.21まで
    • 以下、フランス語版は3章3.36、4章4.14、5章5.38、6章6.16まで
    ページが多い理由は以下の通りである。
    • 「ルノーカードキー」は日本語版は1.02〜1.04だが、フランス語版はハンズフリーカード(Carte RENAULT en mode mains libres)の説明があるため、1.02〜1.08となっている
    • 「子供を乗車させるとき」は日本語版は1.28〜1.35、フランス語版は1.32〜1.42。
      これは、チャイルドシートの取り付け方の説明・イラストが、フロントシート、リアシート双方分あること。および、助手席エアバッグキャンセラーの説明・写真などが載っていることによる
    • その他にフランス語版では、運転席の説明イラストが「左ハンドル」と「右ハンドル」2種、「マニュアルエアコンの説明・イラスト」、「クルーズコントロール・スピードリミッター」(regulateur-limiteur de vitesse)の説明・写真、「ディーゼルエンジン仕様車の説明」、日本語版2.05「ガソリン車についての注意事項」の次に相当するページに「ディーゼル車についての注意事項」、6章の「エンジン」「車両重量」のデータ表は 1.4-16V、1.6-16V、2.0-16V、2.0 T、1.5 dci、1.9dci の6種類などがあり、日本語版より紙面が多い。

(何か僕の方が得しちゃった気分です。maruuさん、ありがとう)

by Nojee
この記事(エントリー)のトラックバックURL:
http://meganiste.com/fm/nojee/cgi/mt/mt-tb.cgi/295
コメント、ありがとうございます
  • >活発な活動、などとはお恥ずかしい。
    レポートの紹介、お世話様です。そんなものでよろしいですかね?
    もし、フランス語版を読んでみたい!
    という方がおられたら、貸し出しします。
    いないかな?
    また、並行車の所有者でフランス語版の取説に閉口されている方、「だいたい」は分かりましたので、(このページは読まなくて良い、ここは知っておくべきなど)お役に立てるかと思います。

    2005/01/10 by maruu
コメントしていただけると、うれしいです♪




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

メニュー

月別の記事一覧

このサイト内の検索

Copyright 2004-2005 Nojee, All rights reserved.