Nojee Chips

05-01-28 iFood

餃子専門の店 福みつ

後輩が「餃子、食べに行きましょう!」と言うので、いつもの「餃子専門の店 福みつ」へ行ってきました。

050127b.jpg

後輩は必ず餃子20個、ごはん、みそ汁、漬け物の大定食1320円です。

050127a.jpg

そして、僕は必ず餃子30個1500円です。

本当に飽きもせず、餃子と言えば福みつ、福みつと言えば、この注文パターンを後輩と両手両足じゃ足りないくらい繰り返してきました。不思議な魅力がある餃子専門店です。

福みつには夜9時頃に着きましたが、4人がけ、6人がけのゆったりしたテーブル、座敷で70席はある店内は、6人がけに2人で座っているお客もいますが、ほぼ満席で、お持ち帰りの客も数名いました。そして、注文も「いつもの」ものです。

とても潔い店です。メニューはとてもシンプルで、餃子が5個刻みでいくつ頼んでも1個50円。定食も大20個、中15個、小10個、飲み物はビール、日本酒、ジュース、たったこれだけ。それがどの席からも見える壁にドーンと書かれているだけ。お皿は1種類だけ。食器はプラスチック。店員も「いらっしゃいっ、ご注文は?」、後輩に「いつものあれで」と言われれば、僕もメニューを見る訳でもなく、「大定食と餃子30」と言えば、店員は「はい、お待ちください」だけ。どんなに混んでいても、座って注文すれば5分、10分で注文した餃子が出て来て、とにかく淡々とした雰囲気。横柄でも、媚を売る訳でもない、このシンプルさが妙に落ち着くんですよね。

そして、この店の餃子はちょっと変わってます。表は普通の蒸して焼いた餃子ですが、裏は揚げ餃子のようにパリパリなんです。どうやって作ってるんでしょうかね?中身はザク切りのキャベツ、ひき肉、ニンニクだけだと思います。大きさも普通で、食べるとパリッとした皮のせいか、スナックのような感じで、いくつでも食べられてしまうんです。初めて行った時は、今の3階建てのビルではなく、土間にパイプのテーブル、ビニールのテーブルクロスで、キャベツのザク切りが雑な感じがして、何でこんなに流行ってるのかと思ったのですが、これが癖になるんです。20代のころは先輩と数人で行って、争うように食べたものです。50個は食べられたかな。店員も餃子100個と言っても驚く訳でもなく、いつものように「はい、おまちください」だけ。

そして、特筆なのは、持ち帰って冷えた餃子も、そのまま食べても美味しいんです。これもパリッとした皮がしなっとなってもうまいからかな。持ち帰り餃子も注文と同時に頼んでも、お客が食べ終わる頃を見計らって持ってくる。そうそう、電話注文も出来るんですが、「持ち帰り餃子を注文したいんですが?」と電話すると、「いくつですか?」と聞かれ、「30個」って言うと、「はい、わかりました」だけ。おいおい、名前とか聞かなくて良いの?と思ってしまいます。そして、店に着き、お持ち帰り餃子を頼んだ客が待っていても、店員に「電話で30個頼んだ者ですが...」と言うと、「電話注文の30個のお客さーん!」と厨房に叫ぶと、そこそこ待てば、「電話注文の30個のお客さーん?」と言われ、俺かな?、私かな?って客同士が見回し、前にいる人から、おずおずと出て行く。本当にシンプルです。

(創業して40年くらいらしい。自分で読み返して思った。この店って、とってもレトロな雰囲気なんだなって。)

by Nojee
この記事(エントリー)のトラックバックURL:
http://meganiste.com/fm/nojee/cgi/mt/mt-tb.cgi/309
コメント、ありがとうございます
  • うわー おいしそー いいなー
    中華料理屋は世界中どこにでもありますが、日本で当たり前の餃子はヨーロッパの中華屋では食べられないんです。

    餃子30個の写真を見て 思わずよだれが。。。

    2005/01/28 by e-naa
  • コメントその2
    >淡々とした雰囲気。横柄でも、媚を売る訳でもない、このシンプルさが妙に落ち着くんですよね。

    NojeeさんのこのBlogは、まるで自分もそのお店に行ったような気分にさせてくれます。
    いいなー こういうお店。 行ってみたい。

    それから餃子30個の横に置かれたガラスコップの”水”もいいです。 日本は水がタダだから。 
    セルフですか?それとも、お店の人に ポンと置かれるんですか?

    2005/01/28 by e-naa
  • 中華では、焼き餃子より、茹で餃子、水餃子ですよね。茹で餃子なら、東海菜館という店で小ぶりなものを酢醤油を付けて、ぽんぽん口に運び、紹興酒です。また、普通サイズの餃子を茹でたものなら、福星のゴマダレが美味いんです。ここに載ってます。
    http://www.satv.co.jp/program/tobikiri/gyoza/gyoza.htm

    さて、お水の件は、1杯目はコップに水が入ったまま持ってきてくれて、一緒にポットも持ってくるので2杯目からはセルフです。

    文書を楽しんでくれてうれしいです。ただ、僕的には、もっと伝えたいことがあるんですけど、表現力がなくて・・・ とにかく、この特徴がある餃子が他のすべてのことをシンプルにしてくれてるんだと思います。もし、スペインから来てくれるなら餃子30個ドーンとおごります。

    2005/01/29 by Nojee
  • 取引先のNさんが僕のブログをいつも見ていてくれてます。先日、東京から打合せに来た時に「福みつ、行きましょうよ♪」と誘われたので、ご案内しました。気に入ってくれたようです。その時、賞状が飾られているのに気付きました。
    静岡朝日テレビの「餃子パラダイス」で、静岡県西部の人気ランキングで1位になったんですね。知らなかった。会社から目と鼻の先にある福星の水餃子も紹介されてる。こちらは、なかなかの一品です。僕も大好きです。あっ、上のコメントに同じこと書いてるじゃん。すっかり忘れてた。でも、1位だとは知らなかった。
    でも、福みつの餃子は1位と言われると、なぜかそうかなぁ〜と思ってしまう。普通なんですよ。でも、焼き方は普通じゃないか。よくわからない。でも、餃子と言えば、福みつに行ってしまう。餃子が食べたいと無性に思う時、「福みつの」と装飾詞が付くんだから、やっぱり1位なんでしょうね。

    2005/02/12 by Nojee
コメントしていただけると、うれしいです♪




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

メニュー

月別の記事一覧

このサイト内の検索

Copyright 2004-2005 Nojee, All rights reserved.